ウッドパネル修理・車内装リペア【マセラティ ギブリ】

03.09

マセラティギブリ内装ウッドパネル写真

ウッドパネルの修理の施工例の紹介です。

マセラティ ギブリのウッドパネルは、ニレ(楡)の木材を使用して内装のパネルを作っています。
この純正のウッドパネルは、アクリル塗装のため、紫外線などに弱く、時間の経過とともにクリア塗装が白濁してきます。
ウッドパネル修理前
マセラティギブリのウッドパネル修理前の状態です。ウッドハンドル以外のすべてのウッドパーツを取り外しました。これらのウッドパネルを取り外すのがとても大変な作業です。特にセンターパネルは、ダッシュボードを脱着しての作業になり大仕事です。今回は内装丸はがし状態になりました。ウッドパネルの修理に約3週間ほど掛かりました。その間、車を動かせないのが難点です。
マセラティのウッドパネル脱着
マセラティギブリのウッドパネルの裏側はこんな感じです。本物の木材が使用されています。ウッドパネルのリペア(修復)の作業工程としては、白濁してしまったクリア塗装を除去してからウレタン塗装を幾重にも吹いて仕上げていきます。割れてしまった木材は、新たな木材でパネルを製作します。
ウッドパネル塗装完成後
マセラティギブリのウッドパネルの修理完成後です。
本物のウッドパネルの質感は、光沢があり、偽物のウッド調パネルとは、厚みが違います。

クルマの事ならどんな事でも!

クラシックカー、ヴィンテージカーの修理、中古車購入のご相談もお気軽にどうぞ

東京 目黒区 ウォーターフィールド 03-6712-2106

営業時間10時~19時 定休日 火曜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

車に関するご質問やご相談など、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

カレンダー

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る