出張バッテリー交換【世田谷区バッテリー上がりベンツCLS500】

05.02

バッテリー上がり警告灯

出張バッテリー交換、バッテリーのジャンプ作業はお任せ下さい。

世田谷区のお客様から修理依頼のご相談です。

1年ほど乗っていないでいたら、エンジンがかからなくなってしまったとのこと。

メーターインジケーターには、シテイノコウジョウデテンケン という警告表示が点灯しているため、修理工場で点検してもらいたいのでレッカー車での工場への搬送をという依頼でした。東京都内の狭い住宅地のため、レッカー車(通常は1台積み積載車)の手配は難しく、まずは現地確認とベンツのバッテリー上がりの点検をさせていただき、メインバッテリーの消耗が原因のようでしたので、バッテリー交換させていただく旨のお客様にご説明をして、バッテリーの手配とバッテリー交換作業をさせていただきました。ベンツCLSは、サブバッテリーがエンジンルームに有り、メインバッテリーはトランク右側にあります。バッテリーのバックアップ電源をとり、メインバッテリー交換後、警告灯は消え、エンジンがかかりましたので、現地での出張作業にて修理完了とさせていただきました。

※念の為にディーラー工場で点検をお勧めしております。
お客様の代理でディーラー工場への搬送(引取り納車)、修理依頼なども承っております。
ベンツCLS500バッテリー上がり
バッテリー上がりで、出張バッテリー交換作業をしましたベンツCLS500

バッテリー上がりの原因をまとめてみました。
※ヘッドライトの消し忘れ
※半ドアによる室内灯の点灯(放電)
※ひと月以上乗らない(自然放電)
※バッテリー端子や配線の緩み
※充電装置(オルタネーターなど)の故障
※渋滞走行が多い、走行距離が短い
※エアコン使用頻度が高い
※夜間、雨天時の走行が多い
※消費電力の大きい電装品を装備している

目黒区、品川区、港区、世田谷区、渋谷区、大田区など最短20分から出張します!

国産車バッテリー上がり 7,000円~、輸入車バッテリー上がり 8,000円~

※出張費+ジャンピング作業料金です

ロードサービス料金はこちら>>

東京目黒区 株式会社ウォーターフィールド 03-6712-2106

営業 10時~19時 定休日 火曜 祝日

※電話受付は、9時~22時迄になります。
出張時間は、10時~23時迄になります。
19時~23時は、夜間割増料金2,000円がかかります。
営業時間(10時~19時)外の電話は、担当者の携帯電話に転送されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

車に関するご質問やご相談など、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

カレンダー

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る