車のレザーシート修理【BMW435グランクーペ】

05.07

レザーシート擦れ修理

車のレザーシートの修理施工例です
運転席のサイドサポートの部分が、擦れている箇所の修理になります。レザーシート修理施工例シートはいくつもの部位ごとに縫い合わされています。修理は部位ごとに丁寧に仕上げていきます。擦れている部分は糸の縫い目の近くで、削れた部分をパテで成形して修復します。糸の縫い目に塗料がかからないようにマスキングをして削れた部位がほかの部位と違和感ないように塗料を調合して塗装します。

レザーシート修理の仕上がりこのように綺麗に完成しました。レザーの色合いもぴったりです。
新車から半年~2.3年でもこのようにレザーが擦れてしまったままの状態が多いです。中には色が全然違う塗料で変に目立つ仕上がりになっている他社さんの仕事をやりなおすこともあります。塗料は数ミクロンの膜厚で、多くても少なくても違和感が出てしまいます。同様に黒色の塗料も単色ではありません。板金塗装の業界も色合わせの下手な職人さんが多いです。全然色合いが違うのに気づかない塗装業者がディーラー下請けなどをやっていたりもします。色合いがわかるかどうかは、個人差が多いので、ダメな業者は何回やってもダメなままだったりします。レザーの塗装補修も簡単なようで結構奥が深いです。

車の内装クリーニング、レザー修理もおまかせください。

希望の中古車をお探ししての販売 売却相談もお気軽にお問い合わせください。

東京目黒区 ウォーターフィールド info@waterfield.co.jp

車内クリーニング、レザーシート修理>>

希望の車をお探しします>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

車に関するご質問やご相談など、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

カレンダー

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る